現代の教育環境について

img-1

昔の小学校での教育といえば、先生はえらいので逆らってはいけない、と教えられました。また、そのなかでも校長先生は最も偉い人だから、常に敬語を使いましょう、と習いました。
しかし、今の子供たちを見ていると、先生はもちろん、校長先生とも友達のような感覚で接している子供たちが多いことに気づきます。


このことは、時代の流れと言っても良いのかもしれません。今の時代は、大人が子供をおさえつける時代ではありません。


これまでの大人であれば、大人の威厳を使って子供たちに強制的に言うことを聞かせるということもありました。

しかし、今はそのようなことはできません。


もちろん、大人が強権的に子供たちをおさえつけてしまうことの是非に関しては様々な意見があります。


したがって、この場ではその是非を論じるようなことは避けます。しかし、大人の威厳というものは元来、あってしかるべきものです。

それは、子供が成長した姿が大人だからです。


子供は未熟である、という意識のもと、大人が子供に言うことを聞かせるのは当然のことです。


しかしながら、今の状況はと言えば、大人が間違った方向にへりくだり、子供にこびへつらってしまっているのです。これが現状です。このような教育環境では、子供がまっとうに育つことは難しくなります。

子供の犯罪の低年齢化など、教育に関連する様々な問題はこのような状況が招いた結果とも言えます。では、どうしたらこのような教育環境から脱却できるのでしょうか。

それは、大人が凜とした背中を子供に見せることから始めることが重要です。
先生をはじめ、親の背中を見て子供は育つのです。
つまり、子供は「大人たちの鏡にうつった大人自身」なのです。

要するに、大人がしっかりしていないから子供がだらしなくなるのです。
それが教育の問題の本質です。
大人がしっかりすることから、本当の教育は始まります。

大人がそのことを認識するところから、子供の教育をスタートさせることができるのです。
世の中は不況にといわれかなり時間が経過しています。


最近ではアベノミクスと呼ばれる経済政策により、一時的に景気が良い方向に動いているという見方もあります。

実際、株で儲けたという人の話も聞きますが、身の回りを見ると実感する事はないのが現状です。

そんな中で、子育てを行っていくときの注意点としては、子供にできる限りの教育を施しておこうということです。

将来的にどこまで役に立つかどうかは、自分次第ですし、運も関係あるかもしれません。それでも、できる限りうまくいくように確率を上げていく努力はできるものです。

その方法の一つが幼児教育といえるでしょう。

ちょっと考えてみてもわかるのですが、21世紀になり、世界はインターネットでつながりました。
国際社会が一気に近くなったような感じさえあります。そんなときに国際言語である英語でコミュニケーションをとることができれば、可能性も一気に広がるはずです。

そのために英会話の教育を受けさせることは意義あることといえるでしょう。
さらに、最近では良くも悪くも中国が頭角を現してきて無視できない存在にまでなりました。


そんな中で、中国語教育を受けて先んじて中国を理解することも有意義といえるでしょう。
もちろん言語というのは主になるものではなく、自分を表現するための手段に過ぎません。
内部の充実をはかることはもちろん重要課題としてあるわけですが、それを伝えるツールは持っていて損することはないのです。

さらに、オリンピックで戦ったもの同士がたたえあう姿というものは見ていて気持ちいいものです。
同じ目標に向かって頑張ったもの同士にしかわからない感情というものがあります。


その交流ができるのもスポーツをしているからこそです。

ですから子供への教育として、スポーツを何かさせることも有意義といえます。
サッカー、野球、その他、心から好きだと思える競技へ出会わせる努力をすることも教育といえるでしょう。

新宿区の不用品回収はかなり有益な情報が揃っています。

目黒区の不用品回収関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

京都のゴミ屋敷サイト利用者からとても評判です。

世田谷区の不用品回収の情報探しはこのサイトから初めてください。

廃船解体の情報も多数ご用意しました。

http://m3q.jp/t/525

http://www.47news.jp/smp/localnews/iwate/2015/08/100_202.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10133940800

関連リンク

img-2
子供への投資は確かな教育

経済の低迷が続き、高学歴でも収入が不安定になってしまうという状況が続いている時代に、ただただ、つめこみの勉強を続けて、受験戦争に勝ち抜くだけが、社会人としての成功の布石として盤石ではなくなってしまっています。一時期は政府の見解として、受験勉強の白熱化で、人間教育人間教育がおろそかになっているという理由から、ゆとり教育として今までの教育方針が大幅に変更された期間もありましたが、その結果日本の子供たちの学習力低下を引き起こしてしまい、公立の学校と私立の学校教育との間に大きな隔たりが生まれてしまったという悪い結果ばかりを残し、そのあおりがしばらく続きそうでもあります。...

more
img-2
夫婦の教育方針を統一

子供ができると、これまでの夫婦間の関係は微妙に変わってくるものです。それまでは、仕事と相手の関係はあるものの、人間関係では、優先順位はお互いが一番ということも多いですが、子供が生まれるとそういうわけにも行きません。...

more
top